〜近代化と先人たちのワイン醸造 140 年〜

茨城県牛久市・山梨県甲州市
【日本遺産申請】

日本最古のワイン(甲州市)

明治時代に入り、日本政府が殖産興業政策で近代化を推し進める中、国家プロジェクトとしてブドウ栽培とワイン醸造に乗り出すこととなり、この流れに民間も素早く対応します。
古く江戸時代から、日本最古のブドウ品種といわれる「甲州」の産地として知られていた勝沼(山梨県甲州市勝沼町)では、明治10年(1877)に民間初のワイン(葡萄酒)会社として「大日本山梨葡萄酒会社」が設立されました。同社は、ワインの本場フランス・トロワに土屋助次朗(龍憲)(つちや すけじろう (りゅうけん))と高野正誠(たかの まさなり)の2人の青年を派遣、1年半に及ぶ留学で得た醸造の技術で、彼らの帰国後の明治12年(1879)から本格ワインの醸造を始めました。その技術や栽培の知識は後に『葡萄三説(ぶどうさんせつ)』という本にまとめられ、日本におけるブドウ栽培とワイン醸造の基礎となりました。
 
日本の近代化の旗手として始まったワイン醸造ですが、日本人の味覚に合わず、当初はなかなか定着しませんでした。その後、三河出身の実業家・神谷傳兵衛(かみや でんべえ)が、樽詰めワインにハチミツや漢方薬を加えた「蜂印香竄葡萄酒(はちじるしこうざんぶどうしゅ)」を販売すると、多くの日本人に受け入れられ、甘味・滋養葡萄酒を手始めに広く好まれるようになりました。さらに神谷は、養子の傳蔵(でんぞう)をフランス・ボルドーへ留学させ、ブドウ栽培とワイン醸造法を習得させました。
 
土屋助次朗、高野正誠、神谷傳蔵の3人がフランスで学んだことは、ワインの生産体制を「大規模化」させて経営することでした。高野は、帰国後に著した『葡萄三説』でその方針を説き、土屋は実現には至りませんでしたが、実際に土地を求めて、大ブドウ園開設を目指しました。そして、日本において「大規模化」の理想を実現させ、ワインの生産体制を整えたのが神谷傳兵衛と傳蔵でした。